プロレスリング 総合格闘技との違い

とても語り尽くせません。
とにかく、プロレスはカッコイイ。
ショーだからこそ、カッコいいんです。

 

ショーだからこそ、攻撃だけではだめなんです。
画が伴わなくてはいけない。
コメントが気がきいてなければいけない。
技のフォーム、キレを見せなければいけない。
いい画にするために、相手の技を真正面から受け止めるための、
体作りと受身を習得しなければいけない。

 

私はラグビーの経験がありますが、
体力的に疲れる場面では往々にして、
打ち合わせを無視する事があります。
何かを考えることがめんどくさく振り切れてしまうことがよくあります。

 

プロレスラーはそれをしてはいけないんです。
台本があるからこそ、それ通りに遂行しなければいけないんです。
そのためには、2倍の体力がいるんです。
勝てば勝ち、ではない。
いろんなことを気にしながら、戦う。
そして何よりも、勝ち、の価値観。

 

相手を倒して勝ち、なのではなく、
「お前の得意技を100%の力で俺に浴びせてみろ。
俺はそれを真正面から受けて、そして立ち上がってやる。
そしたら俺の勝ちだ」 という。
しびれます。